×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


歌詞・曲置き場


ここは管理人ユウが作った楽曲が置かれています。第三者への提供、無断転載はご遠慮願います。

※各ページには“戻るボタン”が設置されていません。ブラウザの戻るボタンでお戻りください。
※音質はmp3となっております。
※曲のあるページは別ウインドウが開くようになっています。
※しょぼいというクレームは受けられません(笑)



『夏の始まり』

インストルメンタル。ピアノのみの曲です。
タイトルに似合わないスローペースな曲ですが、ゆっくりとやってくる夏をイメージしています。
爽やかさを出したかったのですが、繰り返し聴いていると眠くなってきます。




『満月の夜に』

インストルメンタル。とてもゆっくりでオルゴールチックな曲です。
寝るときにゆったりと聴けるような曲があると良いなぁと思っていて、 まず最初に浮かんだのがこのオルゴールのラインでした。
そこから少しずつ音程を上げていくような感じにして、メロディを作り出して完成。
電子ピアノから音をもらっているので少々強弱にムラがあります。
楽器はガムランというものを使用。




『Space Traveler!』

インストルメンタル。エフェクトを存分に使ったアップテンポなBGMです。
タイトルのように宇宙をイメージして作りました。
実はRPGの町の音楽として製作が行われていました。
楽器はトランペットオーケストラ、ストリングス、グロッケン、エレピ、ベース、エレキギター、ドラムと かなり多く使っています。




『A Moderate of Village』

インストルメンタル。ギターのみの曲です。
なんとなくつけたタイトルですが、意訳すると「平和な村」や「穏やかな村」というようになります。
普段は自分でギターを弾いているのですが、今回はソフトに頼らせてもらいました。
これも実はRPGの町の音楽として製作を行いました。
聴いてくれる人に癒しの一時を与えられたらなあと思います。




『春の訪れ』

初めて作ったアルバムのトップバッターとなった曲。
最初は春らしい感じの曲ができればいいと思っていただけでしたが、意外にも簡単にできてしまいました。
人間の優しさこそが本当に温かいものなんだなぁとつくづく感じ、春を予感させる風もちょうどその時感じたのです。
この時メモ帳を持ってなかったらきっと存在しなかったであろう曲ですね。心に感じたままをメモしました(笑)
声を張り上げて出すよりもしっとりと歌いたかったのでキーは少し下げ気味。
ちなみに自分の作った歌に初めてハーモニカをつけたのがこの曲。
楽器はギター2本、ハーモニカ、さりげなくタンバリン(笑)
温かい感じを出そうと頑張りました。




『幸せの言葉』

デジタル録音&ソフトで初めて編集してできた曲。
曲を作る上での僕の心境を表してみました。
実は今まで作ってきた曲の中でも指折りのお気に入りの曲です。
アナログ録音をしていると、この曲は完璧にするのは難しいと思ったのでデジタルにチャレンジしました。
もう少し臨場感を出したかったですね。
でも自分で、なおかつ初めてデジタルにチャレンジしたにしては良い出来だと思います。
「いつまでも友達」に続いて本格的にアレンジしました。
楽器はギター2本、ハーモニカ、ストリングス、グロッケン、ドラムです。
これを聞いて元気を出してくれたらいいなぁ、という願いも込められています
全体的に明るめです。




『加速車線』

けっこうこの曲を歌うときはハイテンションになります。
加速車線で加速して高速道路と合流するのですが、他の車との感覚をとるのは難しいし、 一度入るとなかなか抜け出せない。そこが人生と少し似ているかなと…。
車を運転しているとそのままどこかへ行きたいなと思うのですが、僕だけでしょうか?(笑)
楽器はギターとタンバリンの2つというシンプルな路上曲です。




『スイング』

曲作りをし始めてから3番目に生まれたフォーク曲。
野球仲間に何か曲を作ろうと思って作ったのですが、 どんなシチュエーションでも聴けそうな曲になりましたね(笑
ちなみに楽器はギター2本。
全体的に爽やかな印象の曲です。




『センチ』

ちょっと行き詰った自分を歌い上げた曲。
同感者がいてくれればそれはそれは大変嬉しいことです。
やはりどうにもならない自分の感情、自分への憤り、嘆き等は誰にでもあることです。
たまには思いっきり歌ってみましょう。
楽器はギターとタンバリンというシンプルな組み合わせ。
さりげなくミディアムテンポです。
ちなみに“センチ”は“センチメンタル”の“センチ”ですよ。




『心風』

ある意味一番手が込んでいる作品。
テストの前、家族のこと、友達との関係、いろんな重大な出来事を前にすると、 何もできない自分がもどかしくて仕方がない時があります。 そんな感情を表したくて歌詞を優先して書きました。
どうしようもないときは一度自分の歩いてきた道を戻ることが大切なんですよね。
そして帰るべき場所があるからこそ自分のやりたいことができるんですよね。
言葉にするのは難しいですが、そういうことをわかってもらえると、また伝わってくれたら嬉しいです。
楽器はギターとピアノ、オーケストラ風にストリングスやドラムを使っています。
すごくキーが高くて歌うのが大変です(笑)




『とうもろこし』

僕が作ったにしてはおそらく(?)珍しいアップテンポな曲。
僕は最初バラードチックな曲ばかり作っていたのですが、 その中でこの曲だけが異色を放っていました(笑)
現在はこういう曲もたくさんあります。
タンバリンとハーモニカも入っていて、非常に路上っぽい曲。
僕の中では結構お気に入りな曲です。でもちょっと音割れしてしまったのが残念。




『マロン』

甘く、まろやかな、そして切ない雰囲気にしたくてつけた名前のバラード曲。
恋愛の曲はよく書くのですが、「よく経験がないのに書けるなぁ」と言われます。放っといてくれ(笑)
好きなのに好きと言えない気持ちをストレートに出したかったのです。
ちなみに楽器はギター1本。
これまた繰り返し聴いてると眠くなってきますね(笑)




『思い出』

時々思い出す幼少時代の頃、そんなことを歌詞にしてみました。
ふと思い出すことがある小さい頃の思い出は、テレビで見るようなセピア、またはモノクロな感じではありませんが、 そんな雰囲気をかもし出そうと頑張りました。
比較的大人の方のための曲かと思います。
楽器はギターとタンバリンの2つ。路上曲です。
全体的にキーは高めです。




『いつまでも友達』

学校が離れ、引越しも重なって いつも会っていた友達と会えなくなってしまったときに作った曲。
う〜ん、自分で言うのもなんですが切ないです(笑)
歌詞からもわかるように、たまに会うのですが(笑)
友達や仲間に自分の曲を聴いてもらったりしているのですが、 その中でもさりげなくこの曲が高評価。驚きです。
声のボリューム低いのに(笑)
楽器はギター2本、ストリングス、ドラムです。
本格的にアレンジしたのは今のところこの曲だけですね。
最初に試しに作ってみたアルバムの最後の曲です。





これからも少しずつ増やしていく予定です。